昨年の秋、ロハコで初めて購入した箱なしティッシュ。
 
 
箱を分解する手間が減って
すっかり虜になってしまい、
あれ以来ずっと箱なしを愛用中です。
 
 
 
 
 
 
その時は分厚い大容量サイズを購入しましたが、
普段使っている薄型ティッシュケースを使いたいので
現在は普通のサイズを使っています。
 
 
いろんなメーカーから出ているので、
その都度別のものを購入してお試し中。
 
 
これまで3つのメーカーのもの、
ハロー、トップバリュ、ロハコオリジナルを使ってみたので、
独断と偏見で使用感など比較してみました。
 
 
どれも150組300枚の5個入りで中国製。
厚さ、紙の大きさはほぼ同じです。
 
 
 
 
・まずはパッケージから。
 
 
ティッシュケースに入れて使うので
見た目はさほど気にはなりませんが・・・。
 
 
ハローはピンクとブルーに花柄の組み合わせ。
どちらも特に好きでも嫌いでもないデザインです。
 
 
 
 
トップバリュは極力装飾を抑えたデザインで
どシンプル。
 
 
これぐらいシンプルな方が潔くて私は好きです。
 
 
 
 
ロハコはかわいい模様の入った北欧風のデザイン。
淡いグリーンとピンクの組み合わせです。
 
 
ティッシュボックスに入れずにそのまま使うのにも良さそう。
 
 
 
 
 
・紙質
 
 
全体的に硬め。
ス○ッティなどの箱ティッシュの柔らかさとは大分違います。
 
 
でも慣れたらそんなに気になりません。
普通に鼻をかむぐらいなら問題ないぐらいです。
 
 
その中で一番柔らかいのはトップバリュ。
トップバリュ>ロハコ>ハローかなと思いました。
 
 
できれば箱ティッシュと同じぐらいの柔らかさのものや
日本製が出てくれると嬉しいなぁ。
 
 
 
 
・お値段と購入方法。
 
 
ハロー
ネットやドラッグストアなどで取り扱っていて価格にバラつきがありますが、
税込200円程度。
比較的手に入りやすいのが魅力。
 
 
トップバリュ
イオン系列の取り扱いで税込188円。
常にこの価格で安いのが良いです。
 
 
ロハコ
ロハコのみの取り扱いで税込225円。
お値段ちょい高めなのと
2,000円以上でないと送料無料にならないのがネック。
 
 
 
 
・ティッシュの取り出しやすさ。
 
 
箱なしティッシュを使い始めてびっくりしたのが
開けたての際にティッシュがゴッソリと出てきたこと。
 
 
 
 
ハロー、ロハコは最初に6枚ぐらい一緒に出てきます。
無駄になってしまうので困ります。
 
 
 
 
トップバリュは最初から一枚ずつ出ました。
 
 
 
 
・開封のしやすさ
 
 
どの箱なしティッシュも同じですが、
点線部分を開封するのがとっても難しいです。
 
 
パンパンに入っているからかなぁ。
ゆるゆるパッケージのポケットティッシュみたいに
簡単に開けることが出来ません。
 
 
仕方なく爪楊枝を使って開けています。
 
 
 
 
・その結果
 
 
手軽に購入したい場合はハロー
見た目重視であればロハコ
 
 
かなと思います。
 
 
私が一番気に入ったのはトップバリュ。
パッケージがシンプル、紙質が柔らかい、
紙が一枚ずつ出てくる、お値段が一番安い。
 
 
ということで。
 
 
 
 
どれも利点欠点ありますが、
「箱が無い」というのはとても魅力的。
私は箱ありにもう戻れそうにありません。
 
 
また新たな箱なしティッシュを見つけてみたら
お試し買いして比べてみます。
 
 
読んでいただきありがとうございました。

ブログ村のランキングに参加しています。

押していただけると喜びます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


 

おすすめブログ村テーマ

比較しましょう
住まいと暮らし
*日々の暮らし手帖