お気に入りのそば猪口。


5年前に波佐見陶器市で買ったもので
お値段なんと630円の半額、315円でした。




飽きのこない伝統的なデザインと、
ちょうどよい大きさ。


本来のそば猪口としてはもちろん、
いろんな用途で使っています。











最近はエスプレッソを飲むのに大活躍中。


小ぶりの蕎麦猪口なので
エスプレッソ1杯にちょうどよい大きさ。


思いっきり和な器とほろ苦いコーヒーの
渋い組み合わせ。


ほっと落ち着きます。






お茶を入れるのにもちょうどよい大きさ。


普段用にもお客様用にも使えて便利。




写真左の急須は
山形鋳物のティーポット 繭。


1月にNHK BSプレミアム 「イッピン」で
このティーポットを製造している菊池保寿堂が紹介されたそうで、
見たかったなぁー。


関連記事→グッドデザイン賞 山形鋳物のティーポット





小鉢代わりにも。


こちらは水菜と梅を和えたもの。


しばらく作ってないので定かでないけど、
味付けは確かだししょうゆのみだったと思います。


和え物との相性もバッチリ。




スープを入れることもあります。


写真はコンソメスープ。


朝ごはん、お昼ごはんの時など、
ちょっとあったかいの飲みたいなー


って時などにちょうどいいサイズ。


冷めにくい形なのもいい。




あとはアイスなどのデザートを入れてもいいし、
茶碗蒸しにも使えるし。


ひとつあると本当に便利です。




そして、




木の蓋を付けると入れ物にも。


木蓋は、
マリメッコのマグ用に作られたものなのですが、


この蕎麦猪口にもたまたまぴったりサイズでした。


角砂糖入れたり、あめちゃん入れたり
使い方さらにいろいろ。


関連記事→マリメッコマグ用の木蓋とイッタラ・アラビアマグ用の平山木蓋







たまたま陶器市で見つけた掘り出し物ですが
買ってよかった。


蕎麦猪口って万能です。


トラコミュ
お気に入りのうつわたち
トラコミュ
シンプルな道具たち
トラコミュ
シンプルで豊かな暮らし
トラコミュ
少ないモノで暮らす


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると喜びます。
お手数ですがよろしくお願いします。


にほんブログ村