現在大阪の旦那の実家に帰省中。
今日は年の瀬メインイベント、餅つきの予定です。


頑張るぞぉ~!




帰省時の手土産。
毎回何にしようか、いまだに悩みます。


その時住んでいる土地の銘菓とか、
流行りのものなどが多いけど、


いろんな方からいただいたものの中から
選ぶこともあって、


とても美味しかったものなど、
私の独断と偏見で5つ選んでみました。


本当に独断と偏見に満ちていますが、
よかったら読んでみてください。





ひとつ目。


彩果の宝石


さいたま発のフルーツゼリーで
日本や世界の果物の果肉、果汁がたっぷり使われており、
とってもジューシー、かつリアルな味がします。


ひとつひとつの果物がまるで宝石のようで
食べるのがもったいないくらいのビジュアル。


貴族気分に浸れます。


写真は上から時計回りに
ビクトリア苺、レモン、ぶどう、メロン、
ライチ、ハスカップ、洋ナシ。


果物の形は29種類あるそうです。




個装で日持ちするし、
子供~年配の方まで大丈夫な安心の食感。


うちの息子も虜になりました。






二つ目。


兵庫県・西宮 甲陽園のお菓子工房、
ツマガリのクッキー。



私がこれまで食べたオーソドックスなクッキーの中で一番美味しいです。
サクッとした食感と上質なバターの風味。


もうダントツ。


写真のクッキー詰め合わせは「甲陽園通り」。


ひとつひとつ種類が違っていて、
どれもとっても豪華。
どれから食べようかわくわくします。


産後に病院のお見舞いでいただいたものなので
写真はこれだけしか撮ってないのですが、
頑張ったご褒美クッキーになりました^^





3つ目。


兵庫県・尼崎、
ショウタニ(庄谷)の「和の心」。


こちらもクッキーなのですが
ツマガリがオーソドックスなものだとしたら
こちらは和風クッキー。


変り種クッキーの中で一番好きです。


風呂敷に包まれていて、
パッケージもシンプルで美しい。


とても品があって
年配ウケすること間違いなしです。



(画像お借りしました)


国産きな粉や徳島産和三盆など
上質な和の素材が使われており、
口に入れた途端ほろほろと溶けるような食感。


和風ブールドネージュ、って感じかな。


一度食べたら忘れられない美味しさです。






4つ目。


長崎の九十九島せんぺい
地元の隠れた銘菓です。


海亀の甲羅をイメージした縁起のいい六角形。
パリッとした食感の甘いせんぺいは
懐かしさもありつつクセになる美味しさ。


ちなみに「何でせんべいじゃなくてせんぺい?」
って聞かれることが多いのですが、


せんべいは米から出来ていて、
せんぺいは小麦粉から出来ているものだそうです。




18枚入りで1,000円。


他にもいろんな枚数のセットがありますが、
驚きのコストパフォーマンス。


おこたの上にみかんと一緒に置いて、
みんなでワイワイ食べたくなるようなお菓子です。






5つ目。


梅酒。


八木酒造赤短の梅酒(左)と河内ワインエビス福梅(右)。
どちらも奈良の梅酒です。


赤短の梅酒は、結婚してからずっと常備していますが、
梅の甘味が凝縮されていてとってもジューシー(梅エキス25%)。
ふわっといい香りがしてとろけるような美味しさです。


花札のラベルが粋。




エビス福梅は、今回の帰省のお土産です。


さっそく昨日の夜、ご相伴にあずかって飲んでみたところ、


赤短の梅酒よりもお酒感が強く、とっても深みがあります。
ブランデーの入ったお菓子みたいな、大人の味がしました。


エビスさんのイラストが縁起が良くてレトロかわいくて、
見てるだけで癒されます。


両親とも、とても喜んでくれたので良かった!




以上ですー。


帰省の手土産、私の5選でした。



トラコミュ
銘菓・土産物
トラコミュ
手みやげ・お土産・おもたせ
トラコミュ
年末年始の準備&暮らし
トラコミュ
美味しい暮らし♪♪



最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると喜びます。
お手数ですがよろしくお願いします。


にほんブログ村