クリスマス通り越して、
今日はひと足早いお正月ネタを。




我が家のお正月は
毎年旦那の実家で過ごします。


お正月と言えば、お年玉。


なのですが、


私たちには甥っ子や姪っ子がおらず、
子供たちもまだ小さいので
両親にだけお年玉を渡しています。



来年のポチ袋は
岐阜県美濃市にある古川紙工
美濃箔 ぽち袋(松)を選んでみました。


美しく輝く金色の図柄がハッと目を惹き、
名古屋にある雑貨屋さん、
 interior essence (インテリアエッセンス)で購入。


世界無形文化遺産にも登録されている高級感のある美濃和紙に
職人さんの手で、丁寧に絵柄が箔押しされているそうです。


他に鯛、鶴の柄があります。




裏はこんな感じ。


お年玉だけでなく
ちょっとしたお祝いの時にも使えそうです。


↓こちらで購入できます
http://bundoki.com/?pid=95481197





ポチ袋は毎年違うもので渡しているので
それぞれ余って、残しているのですが




ある年は金ピカの富士山。


富士山が世界遺産に登録された年だったかな。




そしてある年は
これまた金ピカの小判。


何て金ピカが好きなんでしょう。
金ピカというと金ピカ先生を思い出してしまいます。




この年は
たまたま旦那の従姉妹の子供達(小学生)も来ていて、
小判をとても面白がってくれました。




富士山も小判もサンリオのものです。
もう取り扱ってないようだけど。


子供がもう少し大きくなったら
このポチ袋を使おうかなと思っています。




お年玉をもらってた頃から随分年月が経ちましたが、
毎年ポチ袋を選ぶのは
いろんな柄、形があってとてもわくわくします。






来年は金ピカだけどシンプルなポチ袋。
どんな反応をしてくれるか楽しみです。


トラコミュ
シンプルな道具たち
トラコミュ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
トラコミュ
暮らしを楽しむ
トラコミュ
文具・文房具


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると喜びます。
お手数ですがよろしくお願いします。


にほんブログ村