我が家は賃貸暮らし歴7年半。
転勤に伴う引越しも多いので
大掛かりな模様替えはしません。


やっと家の中が落ち着いたかなー、
と思えば引越し。


その繰り返しです。




いろいろ制限はあるけれど
ころころ変わるお家は飽きっぽい私には向いてるみたいで
インテリアもその時その時で楽しんでいます。


私のやることなので
どれも簡単なものばかりですが。




これまで書いてきた記事の中で、
秋冬にやっている簡単インテリア、まとめてみました。


よかったら読んでみてください。




いきなり置くだけ 笑。


洋ナシのオブジェと松ぼっくりを棚の上にちょこん。


旬の梨と、秋と言えばの松ぼっくりの組み合わせです。






松ぼっくりをシルバーの小物入れにざっくり入れて
テーブルに置くとちょっと大人っぽい秋。


こちらも置くだけ。


関連記事→秋のインテリア




松ぼっくりに赤の小物をプラスすると
一気に冬テイスト。


りんごのピックとかぼちゃのオブジェは
ナチュラルキッチンで購入した100均雑貨です。


関連記事→シンプルなインテリアに赤をプラス






大きなガラスベースに枝をザバッと挿して
インテリアオブジェに。


雲竜柳にススキみたいなパンパスを組み合わせると
秋っぽい感じ。




引越しの時の梱包が大変だろうなーって思ってたのですが、
さすがはプロ。
上手にささっとしてくださいます。


おかげで4回引っ越しても
ほぼそのままの状態です。


関連記事→リビングに枝とガラスのインテリアオブジェ




そのままの状態、
とは言っても枝は枯れるもの。


ある程度経つと枯れ葉をむしり取り
また違った印象に。


これだけだと空間が寒々しい感じがしたので
北欧の切り絵モビール「水のしずく」を手作りして上からぶら下げました。


↓こちらの本で作ってます






同じく切り絵の本で作った
雪の結晶のモビールとトナカイ・ツリー・雪だるまのモビールを
雑貨の上に吊るして冬モードに。


どのモビールも糸を吊るして天井にマスキングテープで留めました。


引越しの時はクリアファイルに入れて
グシャグシャにならないようにしてます。


今年も飾ろうかな。


関連記事→北欧のモビールをリビングに追加







どんな家のタイプでも使えるタイルカーペット。


床の色が気に入らなかった時に購入したのがきっかけです 笑。


これを敷き詰めるだけで
部屋の雰囲気がガラリと変わって
模様替えした気分を満喫出来ます。


関連記事→リビング・タイルカーペットの変化




現在はリビング、ダイニング全体に敷き詰めています。









秋と言えばお月見。


十五夜は終わりましたが
今年の十三夜は10月25日。


竹のキャンドルライトを置いてお月見するのもまた一興。








叶匠壽庵の水ようかんが入っていた
プラスチック製の竹の容器にLEDキャンドルを入れたものです。


昼間はさすがに
水羊羹の容器そのものですが、


暗がりだと
中からかぐや姫が出てきそうで
ちょっとロマンチック。


関連記事→白い器と竹キャンドル





今回の家でもいろいろ試行錯誤中。




ちょっと前までは育児に追われてやつれてて 笑、
最近少しづつ自分の時間も出来て
暮らしを楽しむ余裕が出てきました。


大好きなインテリアに没頭できる時間はあっという間。
楽しいひとときです^^


トラコミュ
暮らしをつくるインテリア*
トラコミュ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器
トラコミュ
インテリアを楽しむ♪
トラコミュ
住まいと暮らし



最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると喜びます。
お手数ですがよろしくお願いします。


にほんブログ村