卵焼きって、
嫌いな人いるんだろうか?




まだ実家にいた頃、
母はお弁当に必ず卵焼きを入れてくれて、
昼休みがそれはそれは楽しみでした。


「卵焼きの入ってないお弁当なんて!」
とよく母は言います。




娘の私はそんな卵焼き魂を受け継ぐことなく、
旦那にお弁当を作るのは週2~3回。


卵焼きが入っているのは月に2~3回。


卵焼き大好きな旦那なので、
お弁当に入ってる日は
そりゃもう大喜び。


そんなに喜んでくれるなら
毎回作ればいいのだけど、
何せズボラですから。


朝から作るの、面倒臭いんです(´Д`;)


写真はそのたまに出現する
卵焼き入りのお弁当。


3年以上前の写真です 笑。


子供が生まれてからは
卵焼きどころか
お弁当を全く作らなくなってしまいました。


関連記事
工房アイザワ 男弁当 その1
その2








夕飯には時々作ります。


この日は大失敗~。


やぶれかぶれです 笑。





切ったらまぁ何とか見れるかな。






私は九州出身なので、
卵焼きは砂糖の入った甘いのが好き。


旦那は関西人ですが、
義母が山口の出身で甘い卵焼き派だったので
味の好みは一致。




それでも結婚してから卵焼きの味付けはずーーっと迷走してて、
最近やっとこの味付けにたどり着きました。


卵3個に対して
砂糖小さじ2
濃い口醤油小さじ2


白ごはん.comというサイトの厚焼き卵焼きのレシピで、
とてもシンプルな組み合わせです。




義実家も甘い卵焼き派とは言え、


大阪に住んでいた時は
外食時やお弁当など、
甘くないだし巻卵に遭遇する機会がたくさんあって、


最初は違和感あったものの、
半年もしないうちにすっかりお出汁の文化に溶け込んでしまったのでした。


なので、出し汁じゅわーのだし巻卵も大好きです。


白ごはん.comのだし巻卵のレシピ
http://www.sirogohan.com/dasimaki.html





遡ること7年前の結婚したばかりの頃、
義実家で卵焼きを焼く機会があって、


「まかせてください!!!」


と張り切って台所に立ったものの、


コンロに置いてあったのは使ったことも無い「鉄の卵焼き器」。




テフロンの卵焼き器でしか作ったことのない私は
こげつきまくる卵にもうパニック状態ヽ((◎д◎ ))ゝ


義母がその場にいなくて助けも求められず、
出来上がったのは
大きな炒り卵でした(-。-;)




あの時は、変な汗かいたなぁ~。




今でこそ、


いやぁー鉄の鍋は私には難しいですねー
って平気で言えるようになったけど。


いい歳してそれでいいのか。





最近時間に少しづつ余裕が出来てきたし、
たまには旦那に
卵焼き入りのお弁当作ろうかな。


と今一瞬思ったのだけど、
6時に家を出るのでやめときます 笑。


トラコミュ
おうちごはん
トラコミュ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
トラコミュ
日常の小さなできごとを愛する生活
トラコミュ
美味しい暮らし♪♪


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると喜びます。
お手数ですがよろしくお願いします。


にほんブログ村