下の写真の右側は
大阪に住んでいるころに購入した食器棚。
(その当時のキッチンです)



広さ3帖ぐらいの狭いクローズドキッチンで
食器棚の全景をまじまじと見ることはなく、


かなりの収納力があるので満足してたのですが、


関連記事→食器棚、やっと購入




今回の家ではリビングダイニングから丸見え。


改めて正面から見てみると、


北側キッチンの薄暗さと
グレーがかったサングラスのようなガラス戸で


なかなかの圧迫感!




ということで、




思い切って、





食器棚の引き戸、扉を
自己責任で全て取り払ってみました!


どんより感がなくなって
少ない食器を見せる収納にしたことで
大分すっきりした気がします。


扉、引き戸が無いと、
食器の出し入れもワンアクションで出来るので
使いやすいです。




上のほうには普段使わないものを少なめに置き、
下の手の届きやすいところをボリューム多めにしています。




レール部分等は残ってますが、
普段の生活では気にならない程度。




ひとつひとつの棚には
滑り止めにIKEAのVARIERA引き出しマットを敷いています。





さて、食器棚の中身ですが




一番左側は和食器。


上から一段目はたち吉や黒織部のしぶーーいお皿、


二段目は白山陶器の平茶碗など、


三段目は日本各地の湯のみ、フリーカップなどを収納しています。



個人的にはこのコーナーが
一番お気に入りです。








真ん中は主に北欧食器。


上から一段目、二段目はイッタラなどの食器、


三段目はイッタラ、アラビアなどのマグカップ、グラス類を収納してます。






一番右側の細い棚には 白い食器を中心に収納。


上の方には北欧と和食器を重ねてみたり、






下の方には
ほぼ毎日使っている器をやや多めに収納しています。


この部分が一番取り出し易い場所なのです。






あとは食器棚下の引き出しに小皿などを収納していますが
ちょっとしたカオスになっていますので
お見せできません 笑。




我が家の食器は4人家族にしては少なめな方だと思います。
転勤が頻繁にあるので
なるべく増やさないようにしているのです。


が、


時に物欲に負けて買ってしまうことも(^^ゞ


今のスカスカの状態が割と気に入ってるので
なるべくキープしたいところ。




DIYとまではいきませんが
扉、引き戸を取ったことで
お金をかけずにキッチンのイメチェンになりました。


食器棚の下部分も
ちょっとずつ片付けねば。


トラコミュ
キッチン
トラコミュ
シンプルな道具たち
トラコミュ
暮らしをつくるインテリア*
トラコミュ
キッチン雑貨


最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると喜びます。
お手数ですがよろしくお願いします。


にほんブログ村