先日の記事でちょこっと触れた、
IKEAのシェルフユニットTRABY。
(その時の記事はこちらです→「インテリア雑貨のカラーシミュレーション」

おのぼり主婦の暮らす見聞録

我が家では3年ほど
キッチンの背面収納として使っています^^

この棚の使い心地について、
ありがたいことにご質問をいただきましたので
今日はキッチン収納として使ってみての感想など書いてみようと思います^^

おのぼり主婦の暮らす見聞録
(画像右、お借りしました)

IKEAに行くと、こんな感じで展示されているTRABY。

80×80センチの正方形の棚(7,900円)と
80×41センチの長方形の棚(5,900円)を組み合わせ、

さらに別売りの部品を追加することによって
いろんなタイプのシェルフユニットを作ることができます^^

結婚した当時は、小さな小さなキッチンだったので
この棚を並べてカウンター代わりに使いたかったのと、

将来的にはちゃんとしたキッチン収納が欲しいので
コストを抑えたかったのが購入のきっかけです。
 うちでは正方形の棚を二つ並べて
その上に長方形の棚をひとつ乗せ、
L字型に組み合わせて使っています。

それから別売りのガラス棚板(1,000円)を7枚。
トータルで28,700円です(安い!)

組み立ては、棚板を取り付けるダボ穴が小さくて
ドリルで開けなおさないといけなかったようです。

それにしても・・・、
雑然としてますね(;´▽`A``

置いているものは、
・家電製品(電子レンジ・トースター・炊飯器・コーヒーメーカー)
・食器
・食材

二人暮らしだとこれで充分なサイズかな。

利点は、
横に並べることも上に積み上げることも出来るし、
数も増やしたり減らしたり出来るので
どんなキッチンの広さでも大丈夫(←転勤族はここ大事だったりします^^)

キッチンで使わなくなっても
リビング・和室・寝室・子供部屋、
どんな部屋でも棚として使えるので潰しが利きます^^

欠点は、
別売りの扉や脚を付けないと
埃がたまりやすい(写真も埃たまってま~す 笑)

棚の中にトースター等の電化製品を入れると、
コンセントプラグがないのでコードが垂れて見た目が悪い
背板にドリルで穴を空ければコードも見えなくなると思います)

棚の奥行き39センチに対して、
電子レンジ(ヘルシオ)がちょいはみ出る(使えないことは無いです)

といった感じです。
おのぼり主婦の暮らす見聞録
(画像お借りしました)

今使っている別売りの部品はガラス製棚板のみ。

埃防止と、地震の時の落下防止のためにも扉と脚は追加したいところですが、
少なく見積もって約1万円・・・。
そろそろ新しく買い換えたい気持ちもあるので葛藤中です。

なんだかんだ言って、
まだまだ使い続けそうな気もするんですけどね~(笑)


もし扉を付けたり、普通の棚として使うようになった時は
またレポさせてください^^


とりあえずとして使う分には充分。
長く使うとなると、キッチン収納としてはちょっと物足りないかな~っていうのが
正直な感想です。


結構シンプルな造りなので、
マイホームでこんな感じのキッチン収納をご検討の場合は、
大工さんに造作で作ってもらうというのもアリなのかなって思います^^


長くなってしまってスミマセン(^▽^;)
なんとな~く参考にしていただければ幸いです^^