ちょっとだけあたたかくなって、
気になってきたのが
計画停電時の冷蔵庫。

はなまるマーケットでの情報→ によると、

今の冷蔵庫は断熱がしっかりしているので、冷蔵庫自体が

大きな保冷ボックスみたいなものであり、

冷凍庫も3時間程度であれば、問題はないのだそうです。

(ただ、停電時に冷蔵庫を開け閉めすると温度はかなり上がるようですが~~)


食品に対する心配はほとんどなく、

心配な方は、冷凍庫に入れて置いた保冷剤を冷蔵室に入れるだけでも、

強い効果が期待できるそう。


そういえば保冷剤持ってたな、って思い出し
試しに使ってみることに。
おのぼり主婦の東方見聞録
大阪の義父が釣ったお魚を送ってくれる時に、
必ず入れてくれる大型保冷剤。

ここ最近の私の断捨離ブームでずいぶん捨ててしまったのですが、
人生何が起こるか分からないですね(;^_^A
もちょっと取っておけばよかった~~。

約6~10時間で凍るので、
寝る前に冷凍しておけば翌朝はしっかり凍ってます。
(もっと短時間で凍るものもあるみたい^^)

あとは停電時に冷蔵庫の一番上に保冷剤を置いておけば、
冷気が下におりていくので、停電中も温度が上がりにくいそうですよ^^
おのぼり主婦の東方見聞録
小さな保冷剤も活躍してもらおう♪
お肉やお魚のパックに直接のせる用として。

停電中だけでなく、節電にも効果あり!

冷蔵庫の温度を「低」に設定し、
保冷剤を一番上に置いておくことで
節電にもなるそうです^^
おのぼり主婦の東方見聞録
もうひとつ使えるのがペットボトル。
水を入れて凍らせておけば保冷剤代わりになるし、
お湯を入れれば湯たんぽ代わりに。

ミネラルウォーターなど薄い素材のものは変形するのでNGですが、
しっかりした素材のものであれば大丈夫^^
(最近やたらと買ってしまったペ○シも以外と!だいじょぶでした^^)

夜はまだ冷え込む日もありますのでね^^
私はガーゼやタオルに包んで太ももの上にのっけてますが、
ペットボトル湯たんぽ、500mlのものですごくあったかいですよ!

ちなみに、この謎めいたビジュアルのペットボトルを見て、
旦那は「これ何?」って言っておりました。
ニット系のカバーにすれば湯たんぽっぽく見えるんでしょうかね(^▽^;)

夏場の暑さ対策にも保冷剤・ペットボトルが活躍すること間違いなし!
扇風機の前に保冷剤や凍らせたペットボトルを置いておくと、
とってもひんやりとした風になるので、
エアコンを使わなくても過ごせるかも^^

家庭で使われる電気使用量は
第1位がエアコンで、
第2位が冷蔵庫。

節電対策としてもいかがでしょうか^^

ブログランキング参加中です♪

押していただけると励みになります♪↓
人気ブログランキングへ


こちらもよろしければお願いしま~す↓

 

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます