インテリア雑誌などをパラパラと見ては
妄想に耽るのが趣味の私ですが、
見ていて以外と面白いのが照明のカタログ。

照明が照らす空間=部屋もトータルコーディネートして
見せているものが多いので
照明を含む部屋全体のインテリアの参考になります^^

そんな我が家の照明は失敗のケースでして(^▽^;)
とりあえず照らしてくれればいい、的な感じで買ってしまったものがほとんど。
めったに買い換えないものは、最初が肝心ですね~~(T▽T;)

さて、今回見てみたのが
ヤマギワ の照明の電子カタログ。(こちらです→

ヤマギワと言えば、非常に洗練された照明器具やインテリアが
揃っていることで有名ですね。

あまりにも素敵だったので、画像をお借りしていくつか載せてみました^^
おのぼり主婦の東方見聞録
スタンド型照明をダイニングテーブルのランプとして使っている例。
イタリアの人気デザイナー、ミケーレ・デ・ルッキの傑作Tolomeo(トロメオ)だそうです。

アームの感じがカッコいいし、デスクの脇でも
ソファーの横でも、使い方いろいろできますよね♪
天井に取り付けるのと違って、電源さえあればどこでも移動できるのがいい!
おのぼり主婦の東方見聞録
まるで未来空間(笑)
こういう雰囲気、結構好きです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

フォンタナ社の球形のオブジェライトには部屋が球形に映りこんで
ますます不思議な空間に゚。・*゚。・*

こんなリビングでSF映画でも見てみたいものです~~♪
おのぼり主婦の東方見聞録
リブ模様の入ったシーリング(直付け)ライトを
ガラス棚の前に均等に配置した例。

灯かりは棚に向かってスポットライトのように当たるように作られており、、
リブ模様の影がガラス棚に反射して素敵な空間を造りだすと思われ~~^^

この手の棚は、真上からダウンライトで照らすものだと思っていたのですが、
こういう演出の仕方もあるのですね。
おのぼり主婦の東方見聞録
長方形のテーブルには細長いペンダントランプ(TK-LINE FL PENDANT)を使ってシャープに、
丸いテーブルには丸いペンダントランプ(ホワイテージ)を使って
明るくモダンな雰囲気にしている例。

テーブルと形を合わせるとすごくすっきりとまとまるのですね^^
うちは四角いテーブルに丸い照明の組み合わせです(^▽^;)
おのぼり主婦の東方見聞録
 個人的には、天井に付ける照明は致し方ないので、
間接照明を置いて雰囲気を作っていきたい感じですね~~。

憧れのフランクロイドライト・タリアセンとヤコブセンのランプ♪
いつかは置いてみたい!!
おのぼり主婦の東方見聞録
北欧ファブリック(ボラス社・シナサンド社)をシェードに使ったスタンドや、
セルジョ・アスティデザインのDARUMAもかわいい~~!

でもどれもかわいくないお値段なので、
今はカタログで妄想するとしますかね(^▽^;)