映画「ノルウェイの森」。

年が明けてやっと観に行ってきました~~^^

おのぼり主婦の東方見聞録

去年の暮れですか、

一人でかなり盛り上がった「ノルウェイの森」の記事を出しておりましたが、

(こちらの記事です→


率直な感想を申し上げますと、


う~~ん、重い!!


原作の前編・後編を再読し、公式ガイドブックまで読んで

気合入れて映画館に臨んだのですが、ちょっと期待しすぎたかなと(^▽^;)


でもせっかくなので感想書かせてくださいね~~(笑)

(ネタバレはないと思います、たぶん)


ちなみに旦那くんに、原作を読ませたところ、

「下ネタやんか!」と言われ、

観に行くのは拒否されました~~(笑)


さて、映画ですが
原作にはかなり忠実。映像も美しい。

じゃぁ想像どおりじゃないかってことになりますが、
前編・後編あるものを2時間強で作ってありましたので、
かなり端折りすぎだったような。
(先日の松ケンが出てた連続ドラマみたいに5夜連続ぐらいのボリュームが欲しい・・・)

細かな人物設定とディテールの面白さが村上作品の魅力なのに・・・。
作品の奥深い部分端折りすぎですやん~~o(;△;)o

なんだか下ネタだけがピックアップされたような感じがして
それだけではない作品の良さが出てなかったのが残念(-"-;A

そもそも一番見たかったシーンがなかったのよね~~(T▽T;)
おのぼり主婦の東方見聞録
私が一番見たかったのは、主人公ワタナベ君が
寮の屋上で夕方に蛍を放つシーン。

夕暮れの空と儚げな蛍がなんとも切なくて、
19歳と20歳の間の大人になりきれていない揺れる心情が
よく出ていると思うんですが、

ざばっ!!と削除されており(T▽T;)

公式ガイドブックにそのシーンを再現してあったのが嬉しかったです^^
おのぼり主婦の東方見聞録
写真家岡田敦さんによるノルウェイの森の世界、
映画にはない原作のシーンが再現・撮りおろしされていて
幻想的で儚げで、心揺さぶられました~~゚。・*゚。・*

映画のいいところも少しは書いておかないと(笑)

松ケンはやっぱり役にぴったり!
映画で初めて使われたビートルズの曲も雰囲気に合ってましたよ^^
(これまで許可が下りた映画はないのだそう)

ジョニー・グリーンウッドの音楽も印象的でした。

私は原作を再読して、映画を観てからというもの、
村上春樹の他の作品を再読してみたくなりました^^

結末が結末なだけに
他の作品で主人公ワタナベ君のその後が垣間見られないかと気になるのです。

今日は成人の日。
20歳になられる方、成人おめでとうございます。
19歳から20歳になる瞬間を切り取った「ノルウェイの森」を
成人になった記念に紐解いてみるのも一興ですね。


ブログランキング参加中です♪

押していただけると励みになります♪↓
人気ブログランキングへ


こちらもよろしければお願いしま~す↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村 北欧ライフスタイル

いつもありがとうございます