ービスエリア愛好家の高速の旅♪

今回は星の王子様をモチーフにした日本発のテーマ型パーキングエリア
「寄居PA(上り)」です^^
おのぼり主婦の東方見聞録
関越自動車道の本庄児玉IC~花園IC間に
今年の6月30日にオープンした、まるでミニテーマパークのようなPA。

NEXCO東日本としては初の試みだそうで、
PA全てが「星の王子様」の世界になっています
おのぼり主婦の東方見聞録
だーーーっと広がる南仏風の町並み。
星の王子さまの作者、サン=テグジュペリゆかりの地・南仏プロバンスを彷彿とさせる施設となっており、
普通のPAとはまるで別世界です。

一歩足を踏み入れると、気分は南仏のプチバカンス♪
ここが埼玉の寄居であることを忘れてしまいそう。

素朴なプロバンス瓦と塗り壁の建物や、テラコッタのタイル、石積みの塀は本格的な造りなので、
南欧風インテリアがお好きな方は
一段と楽しめると思います。

おのぼり主婦の東方見聞録
 
プロバンス地方の雰囲気を印象付ける鐘楼(左の塔)が寄居PAのシンボル
おのぼり主婦の東方見聞録
シンボルの塔には「Le Petit Prince(星の王子さま)」のロゴと、
「星の王子さま」から抜き出した名文

「大人はだれも始めは子供だった。しかしそのこと忘れずにいる大人はいくらもいない」

と、フランス語で書かれています。

いい言葉や~♪
心のメモ帳に書いとこ~~φ(.. )
おのぼり主婦の東方見聞録
ショップ「サンク・サン・ミリオン・ドゥ・グルロ(Boutique Cinq Cents Millions De Grelots)」

「5億の鈴」という意味で、
星の王子さまが自分の星に帰る最後の場面が由来なのだそうです^^

日本で2番目となる星の王子さまのトータルショップで、
1000アイテム以上の世界各地の星の王子さまグッズや
プロバンス地方の特産物が置かれています。

右奥の壁の本棚には、ちょっとだけしか見えてませんが、
星の王子さまの本が勢ぞろいです!


もう、どこもかしこも星の王子さまグッズで埋め尽くされていて
ショップではかなりテンションが上がってしまいましたヘ(゚∀゚*)ノ

そうそう、普通のPAと違ってその土地のお土産は全く売ってません。

星の王子様の世界にこだわったPAみたいなので
フランスのオシャレなお菓子はたくさんありますが、
「星の王子さままんじゅう」はないですよ~^^
おのぼり主婦の東方見聞録
ちっちゃなお店「マガザン・カプリソー(MAGASIN CAPRICIEUX)」
「気まぐれ屋」という意味。

開店したり、しなかったりで
いろんな面白いものが売ってます。
おのぼり主婦の東方見聞録
この日はバオバブの苗木が売ってありました
この木、うまくいけば人の身長ぐらい大きくなるみたいですね!

おのぼり主婦の東方見聞録

自然に生息するバオバブの木は圧巻。・*(画像お借りしました)
おのぼり主婦の東方見聞録
看板などもすべて、おフランス語。

唯一の日本語の看板は「お手洗い」と「喫煙所」だけなんですが、
施設のパンフレットが用意されていて、それにていねいに解説されているようです。
見た目で何とな~く分かる感じですよ^^


長くなりそうなので、明日に続きます♪
(SAの過去記事「SA・PA B級グルメ、限定スイーツ総集編」→



読んでいただきありがとうございました^^

2つのブログランキングに参加しています。
押していただけるとすごく励みになります。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  
にほんブログ村  
おのぼり主婦の暮らす見聞録  
人気ブログランキング  

いつもありがとうございます