みちのく二人旅シリーズ(そんなシリーズあったんだΣ(・ω・ノ)ノ!)
(旅の始まりはこちらです→

長い高速での渋滞を抜けて、ようやくお昼頃にたどり着きました~~!

杜の都・仙台市。

仙台と言えば
伊達政宗公

私がNHK大河ドラマで始めてハマッたのが「独眼竜政宗」でした。

あれは中学生ぐらいだったか・・・。
テーマ曲、 今でも覚えています。
(私、歴女ではありませんよ~~)

そんな思い入れのある伊達政宗公に、まずはご挨拶です!!
いざ、青葉城へ!ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ
おのぼり主婦の東方見聞録
さすがは青葉城と呼ばれるだけあって、城址への道中は青葉が元気良く
生い茂っておりました^^
その湧き上がるパワーに思わず「おぉ~~~~!!」と車中で叫んでしまいましたよ!
熱い伊達魂が今も宿っているに違いない

そして、青葉山の頂上にある青葉城址にたどり着くと、

かの有名な伊達政宗の騎馬像が!
おのぼり主婦の東方見聞録
ひゃ~~、かっちょいい~~!!(なんと品のない形容・・・)
仙台の街を見下ろすそのお姿のなんと凛々しいこと!!
逆光でうまく撮れなかったのが非常に残念ですが、
日本歴史のヒーロー、ここにあり!
といった印象です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
おのぼり主婦の東方見聞録
政宗公が見下ろす仙台の街。
杜の都と称されるだけあって、都心部は街路樹の緑がとても美しいです♪

ひとしきり、政宗公気分で仙台を見下ろしたあとは、

青葉城のすぐ近くにある
伊達政宗公の霊屋(霊魂が鎮魂されているところ)
「瑞鳳殿」(ずいほうでん)へと向かいます。

こちら、政宗公にご挨拶、ということで考えていた場所なのですが、
有名なパワースポットだということを帰ってから知りました!Σ(・ω・ノ)ノ!
おのぼり主婦の東方見聞録
こちらの参道から墓へと続く階段が
パワースポットとなっているのだそうです。

この階段の数は62段。仙台藩62万石を表しているのだとか。

いや~~迫力あります~~!
でも割とゆるやかで、木陰になっていたので私でも昇れましたよv(^-^)v

杉の巨木が立ち並んで、なんとも静寂な雰囲気です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ちなみに仕事運・やる気・成長・発展などの「気」が吸収できるそうですよ^^

少しは吸収できたかしら~~

おのぼり主婦の東方見聞録
さて、階段を昇りつめると、門が見えてまいりました^^
戦災で焼失し、昭和54年に再建されたそうですが、さすがは政宗公!
門からして派手ですな~~!!
ちょうど七夕まつりの時期だったので、七夕飾りもありましたよ

さてさて、中へと入りましょう^^
おのぼり主婦の東方見聞録
青海波の門をくぐりぬけると、瑞鳳殿があります^^
おのぼり主婦の東方見聞録
桃山様式の豪華絢爛な廟建築で、
極彩色の装飾が目にも眩しいほどの美しさです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

伊達政宗公にご挨拶も出来てご満悦


こちらでは、ひとりで来ている男の子をよく見かけました^^

歴史好きな子たちかと思いきや、
ゲーム「戦国BASARA」大好きっ子なのかもΣ(・ω・ノ)ノ!

もみじと杉の木立に囲まれた美しい
瑞鳳殿。
とても清清しい気持ちになれる場所でした^^
七夕の時期は七夕ナイト(8/6~8/8)ということでライトアップされるそうですよ!

瑞鳳殿
[住所]
〒980-0814仙台市青葉区霊屋下23-2
[電話番号]
022-262-6250

[URL] http://www.zuihoden.com/
[営業時間]
9:00~16:30、12月・1月9:00~16:00

[アクセス] JR仙台駅よりタクシー15分/仙台駅発15-3番のりばるーぷる仙台瑞鳳殿前下車徒歩10分

青葉城址 (アオバジョウシ)

[住所]
〒980-0862仙台市青葉区天守台
[営業時間]
青葉城資料展示館9時~16時30分 その他 : 年中無休
[アクセス]
東北新幹線仙台駅西口より市バス青葉城址循環30分、青葉城址より徒歩すぐ


ブログランキング参加中です^^
↓押していただけると励みになります

人気ブログランキングへ