九十九島ツアーの続きです(その1はこちらです→

海に浮かぶ美しい島々をくぐりぬけて

海上タクシーでぶっとばすこと10分~
おのぼり主婦の東方見聞録 おのぼり主婦の東方見聞録
(画像お借りしました)
おのぼり主婦の東方見聞録
あっという間に高島に到着~~♪

港に友達が迎えに来てくれて、まずは砂浜へと移動です。
          
高島町は人口約300人。

漁業が中心の町で、手付かずの自然がたくさん残っています。

魚釣りには絶好の穴場スポットですよ~~!
おのぼり主婦の東方見聞録
これまた穴場の海水浴場^^

どういうわけか、私が海に近づくと空が曇ってくるんですよね~~
(こういうの何女って言うのかな?)

浸食された岩がすごいです~!

ザザ~ッと寄せては返す波の音を聞きながら、波打ち際や岩場を歩いたり

のんびりおしゃべりしていると、

遠くに停めた自転車の中に入れていたお土産のパンが、


なんとカラスの餌食 に~~!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


ノォーーーーッ!!!


島にはパン屋さんがないので、朝焼きたてのパンを買ってきたのに、

カラスがまるでコウノトリのように

パンの袋をくわえて逃げているではあ~りませんか!

これじゃぁカラスのパンやさんならぬ、カラスのパン泥棒ですよ~~

あわてて追いかける友達ヽ(;´Д`)ノ

パン袋をくわえたカラスの姿が何とも滑稽で、思わず笑いながら(*´艸`)

ぼーーっと見てしまった私
おのぼり主婦の東方見聞録
そして袋が重くてカラスがパンを落としたのを友達がナイスキャーーッチ!!

さすがは元ソフトボール部ですなぁ(と感心するにぶい元稲中卓球部)

自転車のかごには取られず残っているものもあったので、半分は免れましたが、

皆さんカラスには気をつけてくださいね(笑)
おのぼり主婦の東方見聞録
友達の家では、採れたての海の幸をご馳走になっちゃいました^^

桜鯛のお刺身と鯛のすりみ揚げはお舅さんが直前に調理してくれました

高島の名物は、採れたての魚、そして「高島ちくわ」と「ウニ」です。

高島ちくわはコーヒー缶の2倍の長さぐらいのジャンボサイズで、

新鮮なお魚のすり身で作られているので絶品

佐世保市内でも買えますが、出来立てほやほやは全然違いますよ~^^

ウニがこれまたとろける美味さで、特別ウニ好きでない私もこのウニだけは

食べちゃいます(^m^*)

お姑さんが加工なさってるので、

ウニの時期を狙っては(-_☆)ちょくちょく購入してます。


九十九島の自然を満喫して、美味しいものたらふく食べて、

久しぶりに友達とおしゃべりして

船の関係で5時間ぐらいしか滞在出来ませんでしたが、

すごく楽しい九十九島の小旅行でした^^

市内にも九十九島の絶景スポットがたくさんあるので、機会があれば

ぜひ行ってみてくださいね!(夕陽が特にオススメです)


そんな佐世保お国自慢でした(笑)

佐世保の観光情報のサイトはこちらです→


ブログランキ ング参加中です^^
↓押していただけると励みになります

人気ブログランキングへ