長崎県は坂も多いんですが、とにかく島の数がハンパな~いのです。

その数971個ダントツの日本一です。

そのなかでも島の密度は日本一と言われる、

佐世保市の西海国立公園「九十九島」。

映画「ラストサムライ」の冒頭シーンの日本神話を語るシーンで使われています。おのぼり主婦の東方見聞録 おのぼり主婦の東方見聞録
(画像お借りしました)

海に差した剣を引き抜くと、ポタポタと落ちた雫が島となり、
日本列島の礎となったそうな(ラストサムライより)

島の数は、実際には99ではなくて、208であるといわれており、

九十九というのは「たくさん」と言う意味があるようです。

さて、この九十九島、大小いろんな島がありますが、人も住んでいる島もありまして。

ただし、住んでいるのは4島だけ。

今回この4つの島の中のひとつ「高島」に遊びに行ってみました。

高島には中学校からの親友がお嫁に行っており、遊びに行くのは3回目です。

交通手段はいつもは相浦港からフェリーなのですが、今回はこれ!
おのぼり主婦の東方見聞録
釣り船じゃぁないですよ~~

海上タクシーでございま~す。10人乗りぐらいでしょうか。

フェリーだと港から20分かかるところ、海上タクシーだと半分の10分!

さぁ~~、乗り込みますよ~~!
おのぼり主婦の東方見聞録
せっかくなので、後部デッキの潮風が感じられる席へ。

海が間近で水しぶきをあげ、臨場感たっぷり~~!!

さっそく九十九島も見えてきました

気分はもうヨットクルージングです(*´艸`)

こんなに楽しめて往復1,000円だなんて!(島の方達の大事な交通手段です)
 

船に乗っている人たちは、ほとんどが高島の人たちで、

通勤、通学、買い物などに利用されているようです。

同じ佐世保市内とはいえ、船を使うとすごく離れているように感じますねぇ~。


いいお天気だったので、揺れはそんなにありませんでしたが、

なにせ小さい船ですので、フェリーよりは揺れるといった感じです(・ω・ノ)ノ


さあ、船は一路高島へ~~

その2に続きます



ブログランキング参加中です^^
↓押していただけると励みになります

人気ブログランキングへ