10月17~18日は関東三大祭りの川越祭りということで

埼玉の川越に行ってきました

川越は9月までNHKでやっていた朝の連続テレビ小説「つばさ」の

舞台で、江戸時代から続く蔵造りの町並みが美しい観光地です。

おのぼり主婦の東方見聞録
時の鐘

おのぼり主婦の東方見聞録
紅白幕で隠れちゃってますが、美しい街です

駅を出るといきなり、出店がずらーーーーっと並んでいました
おのぼり主婦の東方見聞録
思った以上にすごい人ですお囃子の音色も聞こえてきます。
おのぼり主婦の東方見聞録
ちゃ~♪

祭りの見所である動く文化財、高さ約8メートルの華麗な山車は圧巻です

歴史上の人物などの人形を最上段に飾ってあり、今年は約20台が出ていたようです。

その中のいくつかに出会えました
(画像をクリックしていただけるとはっきり見えます)
おのぼり主婦の東方見聞録 おのぼり主婦の東方見聞録
↑弁慶と                      ↑牛若丸
おのぼり主婦の東方見聞録 おのぼり主婦の東方見聞録
↑能楽の翁                    ↑徳川家光
おのぼり主婦の東方見聞録 おのぼり主婦の東方見聞録
↑太田道灌                    ↑三番叟
おのぼり主婦の東方見聞録 おのぼり主婦の東方見聞録
山車の装飾も美しいです
おのぼり主婦の東方見聞録
回転しまーす

そして山車の周りにはすごい人が!

私はベビーカーで足を踏まれることしばしばでした

出店にはこんなものも売っていましたよ!

おのぼり主婦の東方見聞録

お面が本格的です              

おのぼり主婦の東方見聞録
おかめとひょっとこの根付

夜6時半ごろからは山車の提灯に灯かりがともり

山車を競い合う夜の競演でかなり盛り上がるそうなのですが

時間の都合上見れず来年また行ってみたいと思います!

江戸時代にタイムスリップしたようで、まさに東方見聞って感じでした

つづく