今日は十五夜ですね

Googleの文字も今日はかわいくなってますね

おのぼり主婦の東方見聞録
(HPよりお借りしました)

せっかくのお月見なのに、空を見上げたらあいにくの曇り空

ん~、残念

旧暦の8月15日の夜を「十五夜」、旧暦の9月13日の夜を

「十三夜」と呼ぶ
そうですが、十五夜はあまりすっきりしない夜空のことが

多いそうです。

でもお月見といえば団子

空はすっきりしてなくてもこれは食べなきゃね~

お団子を作るぞぉー、と張り切っていたのですが、スーパーに行ったら

入り口にいきなり出来上がったお団子が売ってありまして、

「これでいっか」とあっけなくお団子作りは消滅しました。

お団子の横には「月餅」が売ってまして、何でお月見なのに餅なんだろう?

と不思議に思っていたら、中国ではお月見の時に月餅をお供えするんですね。

知らなかった!そう言えば「月の餅」ですね

今日の晩御飯は昨日の「はなまるマーケット」で紹介していた里芋のあぶり焼きでした。

おのぼり主婦の東方見聞録 簡単そうだったのでたまたま作ったのですが
あとから十五夜は里芋などを供えることが多いため
「芋名月」とも呼ばれることを知りました。
供えるというよりただ食べちゃったんですけどね
 
あとは
おじゃこごはん
お味噌汁
揚げだし豆腐
といった素朴めしです


おのぼり主婦の東方見聞録
食後の栗あん団子
以外と美味しかったです。
こちらも供えるというより食べちゃったって感じですね

ちなみに今年の十三夜は10月30日(金)だそうで、こちらは

晴れることが多いそうです。

「栗名月」「豆名月」とも呼ばれるそうで、さてさて何を

食べましょうか(←供えましょうね)

ん?その次の日の31日ってハロウィンですね!