カーテン無し生活を2か月続けていた我が家ですが、

ダイニングにやっとカーテンを付けました。

 

 

外の景色を楽しみたいので

窓を全開状態に出来るプレーンシェードにしてみました。

 

 

 

 

生地はカウニステのスヌンタイ・サンデー。

日曜日の午後に流れるゆっくりとした時間や空気感が描かれているそうで、

眺めているとほんわか和みます。

 

 

GWに行ったドロフィーズインテリアでいろんな北欧生地を見て、

夫婦ともに意見が一致。

カーテン探し5店舗目にして決まりました。

 

 

関連記事

北欧好きにはたまらない!北欧タウン「ドロフィーズインテリア」に行って来ました。

 

 

カーテンのオーダーをお願いして、

あとはメールや電話でやり取り。

 

 

カーテンレールに取り付けられるのか、

シェードにするかロールスクリーンにするかタペストリーか。

幅はどれぐらいにするか。

 

 

などなど打ち合わせながら

約1カ月で届きました。

 

 

 

 

ちなみにドロフィーズの場合、

このようなカーテンレールのタイプなら取り付け可能です。

 

 

 

 

画像暗いですが、、、

ウォールナットのダイニングテーブルとの相性抜群です。

 

 

 

 

シェードを上げて外の景色をボォーッと眺めることもあれば、

 

 

 

 

下まで下ろして生地をボォーッと眺めることもあります。

 

 

外から見られることは無いので

レースは付けていません。

 

 

 

 

ダイニングだけ見ると、

カーテンでかなり癒しの空間になりましたが、

 

 

 

 

リビングダイニング全体で見ると

右にシェード、

左につんつるてんカーテン、

 

 

と、誠に滑稽なことになっております。

 

 

ダイニングのカーテン1枚しか注文してないんですよね~笑。

 

 

リビング側には無地のシェードを付けようかと思っているのですが、

何色にするかなど、まだ全く決めていません。

 

 

さすがにつんつるてんカーテンは外そうかな。

カーテン探しの旅はまだまだ続きます。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

ブログ村のランキングに参加しています。

押していただけると喜びます!

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

 

 

おすすめブログ村テーマ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器
北欧ファブリック
住まいに関する事

 

 

4月17日発売の初書籍、

「主婦」を楽しむもの選び

‐ズボラでも、こどもが小さくても、転勤族でも‐

アマゾン楽天ブックス、書店などで発売中です。

 

楽天ブックス

 

アマゾン