トップ

リビングやダイニングにはタイルカーペットを敷き詰めています。

オフィスや商業施設などでもよく使われている東リの業務用タイルカーペットで、
GAシリーズ(GA100W スタンダード)のカラーGA1304W、
グレー系のランダムなストライプ柄です。

違うカラーや柄のカーペットと組み合わせると面白いと思うんですが、
そういうセンスは持ち合わせておらず 汗、
ひたすら縦横、順番に市松模様のように敷いています。





購入し始めた5年前、家庭用があるとは知らず
うっかり業務用を買ってしまったんですが、
ショッピングモールやオフィスで土足にも耐えているくらいなので
耐久性は抜群。家庭で使っても問題なしです。

そしてグレーって合わせやすくて
どの家でも馴染みました。


業務用、家庭用含め、タイルカーペットの利点としては、

・ラグ風に部分的に敷いてもいいし、敷く面積を変えられる

少しずつ面積を変えてきました。
関連記事→リビング・タイルカーペットの変化

部屋にびっちり隙間なく敷き詰めることも出来るし、
敷く場所によって日焼けしてしまった部分などは
目立たないTVボード下とかソファ下に移すことが出来ます。


・床が傷つかない

気に入らない床の色だったり、逆に傷がひどいフローリングを
見えなくするのにもひと役買っています。


・防音効果がある

2階以上に住んでいると下の階への音が気になってしまいますが
タイルカーペットでかなり軽減されているのではと思います。


・ホコリが舞い上がりにくい

フローリングだとちょっと油断すると埃がフワフワと浮遊しますが、
タイルカーペットは埃を吸着してくれます。


・色柄など組み合わせ自由で遊べる

いつか遊んでみたいなぁ・・・。


・子供、ペットが汚しても一枚だけ交換、または洗える

吐いた時などは交換、汚れが一枚まるまるだとお風呂で洗いますが、

タイルカーペットの利点欠点とダイニングの模様

上の写真のように水分を弾くので
飲み物をこぼしてもすぐにおしぼりなどでトントンと叩いて拭けば元通り。



と、なかなかいいことずくめ。



ですが欠点も。。。


かなり重いです。
うちでは20枚入りのひと箱単位で購入するのですが
か弱い(?)私は持てません。

せいぜい両手に2枚ずつが限界です~。

通販で注文して、宅配業者さんに玄関に置いてもらい、
ちょっとずつ使用する部屋に運んでいます。

すきま1

そしてずれます。

家庭用の滑り止め加工のあるものでも
商品によっては「ずれない」ではなくて「ずれにくい」って書いてあるので
多少はずれるのかなぁ。

業務用の場合、滑り止めが付いてないので
気が付けばこんなにすき間が出来ていることも。
(あ、糸くずはスルーで・・・)

子供が赤ちゃんの頃はさほどでもなかったんですが、
5歳+2歳。
動き回るとかなりずれます。

すきま2


和室とリビングの境目も中途半端~に敷いてますので
なおさらです。

業務用は床に接着剤で貼らなければダメだと思い込んでいて
これだけは諦めてたんですが、

貼って剥がせるタイプの固定シールがあるんですね。
遅ればせながら最近知りました。

シール1


東リの「接着跡が残らないパネルカーペット固定用シール」を
使ってみることにしました。

貼って剥がせるタイプなので賃貸でもOK。
ラグマットにも使用できるそうです。





貼る

ほんとはタイルカーペットの真ん中に一枚貼るのですが、
ちょっとケチッて半分にカットして貼ってみました。

これでダメなら1枚分貼ればいいやということで。

それでも結構な接着力で
フローリングに「ビタッ!!」っと貼りつく感じです。

エリア線有り

一番ズレやすいリビングを囲うように貼ってみますと、
なんと、怪獣二人が暴れてもズレなくなりました!

シート半分で十分な吸着力!

また買い足してダイニング部分にも貼ろうと思います。


これで欠点解消です。


ちなみに、タイルカーペットを検討される場合、
サンプルを取り寄せて、しばらく置いてみるのがおすすめです。

以前サンプルをいくつか取り寄せて並べて置いていたら、
ダークカラーのふわふわ素材のもので
すぐにホコリだらけになってびっくり!したことがあります。


すみません、いつもに増して長くなってしまいました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


読んでいただきありがとうございました。
ブログ村のランキングに参加しています。
押していただけると喜びます!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村


おすすめブログ村テーマ

リビングのインテリア

暮らしをつくるインテリア*

住まいと暮らし



LINEでブログの更新通知を受け取れます↓



こちらもぜひ↓



4月17日発売の初書籍、
「主婦」を楽しむもの選び
‐ズボラでも、こどもが小さくても、転勤族でも‐
アマゾン、楽天ブックス、書店などで発売中です。

楽天ブックス↓


アマゾン↓