トップ

ピータッチキューブの記事の続き、
今度は作成編です。

文章が長すぎるので
二つに分けました。

LINEで登録してくださってる方、
更新のお知らせがしょっちゅう鳴ってしまい
申し訳ございません!

電池

さぁラベル作ろう!

と思って、パカッと本体を開けてみたら、

なんと、
 
単4電池を6本も!入れなければなりませんでした! 

しかもACアダプタは別売り。

手元に単4電池6本も無かったので 
急ぎ調達。 

編集 

よし、今度こそ作成できる!
 
テープの幅や種類、縦書き横書きの選択、配置、枠、テープの長さを選んで、 

入力 

文字を入力。 

フォントの選択や文字の大きさも簡単に変えることが出来ます。 


出来上がったら保存して、 
Bluetoothをオン。 
ピータッチに接続します。 

出力 

印刷ボタンを押して手動でカット。 

テープ送り

この際、2cmほど余分なテープが出てきて 
ひじょーにもったいないのですが、 

毎回カットせずに印刷し続け、 
最後に電源スイッチを素早く2度押ししてテープ送りすれば 
限りなく無駄なテープを出さずに済みます。 

妖怪

ちなみに記念すべき最初のラベルは
DVDに貼る「妖怪ウォッチ」でした。

旦那から、 「一番おどろおどろしい感じの字体にしてな」 と言われ、
このような感じになりました。

帰省の途中に車中で見るように作成中です。

ゴールド 

ゴールドの方は 
冷蔵庫に入れているお菓子入れ(ダイソー 積み重ね自由自在ボックス)にペタッ。 

ラベルはゴージャスですが、 
中身が思いっきり駄菓子 笑。 

実際冷蔵庫に入れてみると 
ラベルがテカって文字が見えづらく、、、 

プレゼントなどに貼ると素敵かなって思いました。 

収納 

ピータッチはそのまま置いていてもかわいいですが、 
私は箱に入れて収納することに。 

セリアのフタ付プラBOX(L型)。 
サイズは260×190×高さ115㎝。 

テープカートリッジを立てて収納でき、 
一緒にゆったりと入りました。 

M型のプラBOX(260×190×高さ79.5㎜)だと 
テープを寝かせて収納すればジャストサイズです。 

ラベリング 

パソコン周りのコードやマウスを入れているMサイズのフタ付ボックスと積み重ねてみました。 

どれに何が入ってるか分からないのでラベリング。 

関連記事→つい置きっぱなしにしてしまうものをセリアの白アイテムでスッキリ収納 


白地に黒のテープも使いやすいですが、 
いろんなものに貼りたいので透明に黒文字、 
ホワイトインテリアとの相性ぴったりの艶消しグレーに白文字のテープも 
追加購入しました。 

テープの幅は3.5㎜から12㎜までですが、 
12㎜だけで十分かなーと私は思います。 

テープの素材や色は普通のラミネート型以外に 
リボン型、布製、キャラクター柄など豊富なので 
ラッピングや入園・入学準備に活躍しそうです。 





電池が6本必要(または別売りACアダプター)なのと、 
テープが余分に出てしまうのはちょっと残念ではありますが、 

今の電池が切れたら 
百均で充電池を購入しようかと検討中。 
印刷はなるべく連続印刷で。 

これで欠点もカバー出来るのではないかと。 
と言っても欠点を補って余りあるくらいの多機能で大満足なんですが。 

お値段も他のラベルライターとさほど変わらないし、 
おススメです。 


読んでいただきありがとうございます。 
ブログ村のランキングに参加しています。 
押していただけると喜びます! 
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 

LINEでブログの更新通知を受け取れます↓