ビフォー

イケアの定番照明KNAPPA
2,999円と照明の中ではプチプラ価格。

使い始めて8年以上。
いろんな家で使ってきましたが
主にダイニングの照明として使っています。

ビフォー点灯

灯りをつけると柔らかい光が幻想的。

しかしながら、


8年も使っていると、、、


さすがに飽きてきました 笑。

というわけでイメチェンです。

アフター2

カッティングシートを貼って、
シェードの色をホワイトからグレーに変えてみました。

光沢のある素材なので高級感が出て、
高見えします。

カッティングシート

カッティングシートは桜井ビューカルのもの。
文房具屋さんで色や素材感を見て購入です。

実際見てみるのが一番ですが
恐らくViewcal900シリーズ(VC9401・マットアイスグレー)です。

1,010㎜幅で売られているものが多いです。
私は500㎜幅のものを4m使いました。


こういうDIY的なものは
私がやると雑なことこの上ないので
たいてい旦那におまかせするのですが、

これぐらいなら私にも出来るかも。
と思い、珍しく私ひとりでやることに。

掃除

まず、ズボラ主婦の家の照明なので
シェードがかなり汚れており、

一枚一枚外して、拭き取り掃除から始めました。

ホコリを払って、
ウタマロクリーナーとクイックルワイパーのシートを使って拭き拭き。

ホコリやゴミ、油分が付いていると
空気が入ったり、凹凸が出来たりと
カッティングシートがうまく貼れないのですが、

二つのお掃除アイテムがいい仕事してくれて
汚れを綺麗に拭きとってくれました。





カット

シェードの大きさに合わせてカッティングシートをざっくりカット。

スキージー

貼る直前にシェードに埃やゴミが付いていないか
よーく確認して、

カッティングシートをスキージー(ヘラ)で貼り付けていきます。

光沢のある素材はデリケートなので、
プラスチック製のスキージーだと表面に小さな傷が付き、
光沢が失われてしまう可能性があるそうなので、

スキージー代わりの要らないショップカードに
ダイソーのフェルトを両面テープを使って貼り、
布付きスキージーにしてみました。

スーッとスムーズに貼れましたよ。

パーツ完成

カッティングシートが綺麗に貼れたら
シェードの形にカット。

私はフッ素加工してあるハサミを使いました。

本体に取り付ける穴の部分はカッターで。

完成

出来上がったパーツを
本体に取り付けて完成です!

点灯2

点灯すると主に上と下から灯りが漏れる感じです。
これはこれで面白いかなと。

一見暗くなったように見えますが
照明下の明るさは変わりません。

リビングアフター

そしてキッチン側から見たリビング。

ちょっと前に貼った
リビングのウォールステッカーとも相性良しです。

少しずつ部屋の雰囲気が変わってまいりました~。

関連記事→超殺風景なリビングの壁をイメチェン


そんなわけで、
雑な私でも作れました!

新しく生まれ変わった照明、
これからも活躍してもらいます。


読んでいただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加しています。
押していただけると喜びます!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村


おすすめブログ村テーマ

にほんブログ村テーマ IKEA で部屋づくり♪へ
IKEA で部屋づくり♪

にほんブログ村テーマ ビフォー・アフターへ
ビフォー・アフター


LINEでブログの更新通知を受け取れます↓


こちらもぜひ↓



4月17日発売の初書籍、
「主婦」を楽しむもの選び
‐ズボラでも、こどもが小さくても、転勤族でも‐
アマゾン、楽天ブックス、書店などで発売中です。

楽天ブックス↓ 


アマゾン↓