「名前のない家事」。

11月27日放送のNHK「あさイチ」で特集をやっていて、
なんだなんだ?「名前のない家事」って??
って思いながら観てみたのですが、

「トイレットペーパーの交換・追加」
「ゴミ袋をセットする」
「子どもが散らかしたものを片づける」
「シャンプー、洗剤の詰め替え」

など、生活する上で必要なのに、
あまり「家事」として認識されていない作業のことで
「#名前のない家事」でちょっと前にツイッターで話題になったのだそうです。

この「名前のない家事」には
主婦をイライラさせる3つの理由があり、

1.「家族が存在に気付いていないこと」
2.「結局やるのは私ばかり」
3.「便利家電で便利になったはずなのにメンテナンスが面倒」

「わかるわ~」
と、心で頷きながら見入ってしまいました。

うちの場合、旦那がマメ夫さんということもあり、
「シャンプーの詰め替え」とか「家電のメンテ」などは
気付いたらやってくれていることもあるので
イライラは少ない方かな、と思います。

でもマメゆえに、
冷蔵庫の中の賞味期限チェックが厳しい、

など、別のイライラ?圧力?もありますが。
(私がズボラなだけなんですけどね~)


イライラを解消する方法は、
「人を責めるな、しくみを責めろ」
だそうで、

「名前のない家事」が少しでもラクになるよう、
番組ではいろんなアイデアが紹介されていたのですが、

さっそく取り入れてみたのが
消耗品の在庫管理。

大手自動車メーカー40年勤務、
製造現場の整理術を知り尽くした岩井俊雄さんのおすすめ在庫管理法は
「発注点(在庫がこのくらいになったら次を買う)という基準」を作って
家族でシェアするというもの。

私のこれまでの調味料関係の在庫管理はとーってもアバウトで、

2本

ギリギリになって慌てて買うこともあれば、
あるのにまた買ってしまうことも。

ということで岩井氏方式でやってみることにしました!

発注点

これぐらいの量になったら買う、という
ラインを設けて、調味料のボトルにマステで発注点ラインを貼りました。

貼るだけ!簡単です!!

私しか使いませんので家族でシェアすることは難しいですが
こうやって目印を付けて「見える化」することによって
調味料をうっかり切らす心配が無くなりました。

他にもやってみたい家事ラクアイデアがいろいろあったので
少しずつやってみようかなと思っています。
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/171127/1.html


毎日地味~~にやっている作業が
「名前のない家事」として取り上げられただけで、
何か報われた気がします^^

面白い特集でした。


読んでいただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加しています。
押していただけると喜びます!
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村


おすすめブログ村テーマ

にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ
明日のためにできるシンプルなこと

にほんブログ村テーマ 家事が楽しくなるモノ・工夫へ
家事が楽しくなるモノ・工夫

にほんブログ村テーマ 主婦のストレスへ
主婦のストレス


LINEでブログの更新通知を受け取れます↓



4月発売の初書籍、
「主婦」を楽しむもの選び
‐ズボラでも、こどもが小さくても、転勤族でも‐
アマゾン、楽天ブックス、書店などで発売中です。

楽天ブックス↓ 


アマゾン↓